板橋をもっと楽しく、もっと便利に! いたばしらいふ.com
いたばし検索 いたばしインフォ いたばしコミュニティ いたばしサークル・ボランティア いたばし求人

いたばしsearch
HOME >> バックナンバー >> [特集] 板橋ボローニャ子ども絵本館
お得なお店

板橋区に、絵本館というものがあるのをご存知ですか?
外国の絵本だけを集めた図書館なんです。
どのようにして、そんな絵本館ができたのでしょう?
そして、どんなどころなんでしょう?取材してまいりました。



---どのような経緯で、この絵本館が始まったのでしょう?
板橋の区立美術館で25年前に「ボローニャ国際絵本原画展」を開催したのがきっかけになります。

ボローニャ市では、世界で唯一の児童書専門の見本市「ボローニャ・ブックフェア」が毎年開催されています。
世界中の出版社から新しく発刊された児童書が集まり、イラストレーターたちの売り込みや版権の売買などが行なわれる場として、出版関係者や絵本愛好家の間では、広く知られています。

そのブックフェアに板橋区長が訪れ、非常に感銘を受けたようです。またボローニャ市長をはじめとするブックフェア関係者が板橋区を訪問し、相互に交流を深めてきた中で、ブックフェア事務局の御厚意により、ブックフェアに出展された絵本の一部を板橋区に寄贈していただけることになりました。

平成5年以降毎年、ボローニャから絵本を寄贈いただき、今年で13年目になります。
もう2万冊もの世界の絵本が集まっているんですよ。

これまでは、各区立図書館で巡回展示する「ミニ・ボローニャ・ブックフェア」や、毎年夏に開催する「ボローニャ・ブックフェアinいたばし」で、いただいた絵本のお披露目をしておりましたが、いつでも区民のみなさんにご覧いただける場をと、昨年の9月にこの絵本館を開館いたしました。
現在、絵本館内には約1万冊の絵本を常設展示しています。

---どのような方が、多く来られるのでしょう?
区民の方が多いのですが、インターネットをご覧になって遠方から来られる方も多いようです。遠くは新潟・愛知・香川県などから来られた方もいらっしゃいましたね。
デザインを勉強中だという学生の方は、外国の絵本がとても参考になるとおっしゃっていました。
子供連れが多いのかな?と、思われがちですが、
意外に、絵本に興味を持たれている、大人の方に多く来ていただいています。

外国語で書かれた本がほとんどですので、文字のまだ読めないお子さんだと絵や感覚で楽しんでいただけるのですが、文字が読み始められるようになったお子さんに興味を持っていただくのは難しい面もありますね。

---今後の抱負などがありましたらお願いします。
現在、2人体制でやっているところですので、絵本に興味をお持ちの方々のお力を借りて、一緒になって絵本館を発展させていきたいと考えています。
やっぱり、少しでもみなさんに親しんでいただける場所になればいいですね。
今年一年については、知名度の向上が課題だと考えていますので、いろんな所に出張してPRしていく予定です。
また、毎年行なっている「いたばし国際絵本翻訳大賞」では、全国から作品を募集しております。板橋区内外に海外絵本の素晴らしさをお伝えできたらと、思っています。
ぜひ、お気軽に遊びに来てください。

---ありがとうございました。



世界中から集まっているだけあって、本当にいろいろな絵本があります。
その中でも面白いものをいくつかご紹介いたしますね。

●アンデルセン200周年特集
ポルトガルの人魚姫。ちょっと怖い。。
イタリア(左・真ん中)とイギリス(右)の
みにくいアヒルの子

●飛び出す絵本
この分厚い絵本を開いてみると。。。
ド派手な城がドーン!
回る回る

●小さい絵本・大きい絵本
こんな小さな絵本があると思えば。
ででーん。こんなでかい絵本も。
左にあるのが小さい絵本。

●これが絵本?
これも絵本。
これも絵本。

●音も出ます。
牛の鼻を押すと「モー」。
動物の鳴き声をお勉強できます。
結構リアルな鳴き声でした。

●番外編
デンマークの絵本。
このゆるキャラはなかなかお目にかかれませんよ。
 

今回の特集、いかがでしたでしょうか。
これだけの外国の絵本を見ることができる場所は、日本でもなかなかないそうです。

板橋区にこんな場所があるなんて、意外でした。
ぜひ一度、行かれてみては。




●板橋ボローニャ子ども絵本館

【交通】
都営三田線「板橋本町駅」下車
A1出口から徒歩5分
国際興業バス「大和町」バス停下車徒歩5分
国際興業バス・関東バス「板橋本町」バス停下車徒歩7分
※一般用の駐車場はありませんので、お車でのご来館はご遠慮ください。

【開館時間】
午前10時〜午後5時


閲覧スペースもありますので
お気軽にどうぞ。

【休館日】
毎週月曜日及び毎月末日
(いずれも祝日の場合は、直後の平日)
12月28日から1月4日

【マップ】


第12回 いたばし国際絵本翻訳大賞
翻訳作品募集!!

【募集作品】
2部門(英語部門・イタリア語部門)

英語部門テキスト
●Little Albatross

作者:Michael Morpurgo
絵:Michael Foreman

イタリア語部門テキスト
●La Portinaia Apollonia

作者:Lia Levi
絵:Emanuela Orciari

【選考委員】
「第12回いたばし国際絵本翻訳大賞実行委員会
審査員 金原瑞人先生(法政大学教授・翻訳家・英米文学翻訳家)
     冨田麗子先生(絵本翻訳講師)
     関口英子先生(翻訳家・多摩美術大学非常勤講師)

【申込締切日】
平成17年10月31日(月)

【作品応募締切】
平成17年12月10日(土)<当日消印有効>

【入選発表】
平成18年2月下旬(予定)に入選者に通知いたします。

【賞】
最優秀翻大賞<1名> ・・・賞金10万円、図書券10万円
優秀賞   <1名> ・・・賞金10万円
その他特別賞<若干名>

【問合せ先】
「第12回いたばし国際絵本翻訳大賞 事務局(株式会社イデア・プロジェクト内)」
〒150−0031
東京都渋谷区桜丘町20−12 ル・カルティエ桜丘2F
TEL03−6821−7799
FAX03−3780−0885

●イタリアボローニャ市とは?


ボローニャ市はイタリア半島北部エミリア・ロマーニャ州の州都で、交通の要所として古くから栄えた都市です。
人口約37万人、面積は約140k屬如
世界最古の大学・ボローニャ大学があることでも知られています。
また、年間20以上の国際見本市を開催する大規模な見本市会場も擁するなど、
多くの外国人が訪れる国際色豊かな都市です。

ボローニャ市はイタリア半島北部エミリア・ロマーニャ州の州都で、ミラノ市とフィレンツェ市のほぼ中間に位置しており、中世から栄えてきた歴史と文化の香り高い街です。
欧州各地の40以上の都市と鉄道で結ばれる交通の要所であるほか、世界最古のボローニャ大学がある街としても有名です。
また、イタリア随一の食通の街としても知られ、イタリア国民の「最も住みたい都市」アンケートでは毎年上位にランクされています。
延べ40kmに及ぶ「ポルティコ(柱廊)」が連なる旧市街の街並みは、中世そのままといった風情で、多くの観光客で賑わう都市にはない、落ち着いた古都の魅力に満ち溢れています。

2005年7月、板橋区とボローニャ市は、更なる交流の発展を目指して、「友好都市交流協定」を締結しました。

●板橋区・ボローニャ市
「友好都市交流協定」締結記念
イタリアフェア

http://www.city.itabashi.tokyo.jp/
icief/advertisement/2005_italy/


2005年10月15日(13:00〜18:00)
2005年10月16日(10:00〜16:30)
会場:板橋区立グリーンホール2階
入場無料