板橋をもっと楽しく、もっと便利に! いたばしらいふ.com
いたばし検索 いたばしインフォ いたばしコミュニティ いたばしサークル・ボランティア いたばし求人

いたばしsearch
HOME >> 特集・板橋な人・板橋な店のバックナンバー

バックナンバー
特集

板橋な店
  バー
折り紙先生 須藤照美さん スペース
折り紙先生 須藤照美さん

私のような年代が橋渡し役にならないといけないような気がします。
世の中密かな折り紙ブームです。子どもからおじいちゃんおばあちゃんまで年齢性別関係なく楽しめる折り紙を、大山地区を中心に折り紙を教えている須藤照美さんに、折り紙の楽しさや素晴らしさをお聞きしました。

バー
日本刺繍 嶌峰和美さん スペース
日本刺繍 嶌峰和美さん

妥協してしまうと駄目ですね。いい作品は出来ません。
作品の用途を考え構図から染色・仕上げまで全工程を一人で行う日本刺繍の板橋区伝統工芸師工芸士会副会長、嶌峰和美さんにお話を伺いました。

バー
ガラス工芸 永井煌晟さん スペース
ガラス工芸 永井煌晟さん

100%イメージに近いものが出来たときは何にも代え難い至福のときです。
板橋で唯一のガラス工房、それも本格的な工房が浮間舟渡の駅前にあります。 新進気鋭のガラス作家「MC Glass lab」の代表永井煌晟さんにお話を伺いました。

バー
甲冑師 三浦公法さん スペース
甲冑師 三浦公法さん

板橋は歴史の古い街です。歴史を勉強してみてください。
ある出会いに甲冑に魅せられてからその道一筋に歩んでこられた、日本で数人しかいない甲冑職人、板橋区無形文化財の「三浦公法(みうらひろみち)」さんにお話をお聞きしました。

バー
板橋いっぴん会会長 橋爪豊さん スペース
板橋いっぴん会会長 橋爪豊さん

いっぴんをまだまだ知っていただきたいと思っています。
板橋いっぴん会の新会長になられたジャポネの橋爪さんに、今後のいっぴん会の方向性や抱負をお聞きしました。

バー
“大山オリジナルウィスキー”の仕掛け人鈴木博行さんと島村尊光さん スペース
“大山オリジナルウィスキー”の仕掛け人鈴木博行さんと島村尊光さん

大山ウィスキーがきっかけになって、交流の輪が広がっていくとうれしいですね。
ご当地ウィスキー“大山オリジナルウィスキー”の仕掛け人 Oasis5オーナーの鈴木博行さんと、スコッチモルト販売(株)の島村尊光さんにお話をお伺いしました。

バー
関村 みねさん スペース
関村 みねさん

ほんの数メートル先の演者を身近に肌で感じることが出来るのが一つの醍醐味ですね。
板橋の徳丸に、大衆芸能を伝える寄席があります。
手作り寄席「徳丸 三凱亭(みよしてい)」三凱亭を切り盛りするおかみの「関村 みね」さんにお話を伺いました。

バー
上野一雄さん スペース
上野一雄さん

母が脳梗塞で半身不随になったときに、履く靴が無かったんです。
母親の病気をきっかけに、ストレスを感じさせない、毎日履きたくなるような色気のある靴作りを目指して工房を始めた、上野一雄さんにお話を伺いました。

バー
小林福司さん スペース
小林福司さん

家族が大変なのに、私だけやらないわけにはいかないと思ったんです。
板橋区伝統工芸「江戸小紋染め」小林染芸の小林福司さんに江戸小紋の魅力、歴史などを伺ってきました。

バー
安井良博さん スペース
安井良博さん

自分で打ったそばは、一味も二味も違っていて美味しいですよ。
日本の伝統文化である手打ちそばで社会貢献を。サークル活動からNPOを立ち上げて活動されている安井良博さんにお話をお伺いしました。

バー
水出雅士さん スペース
水出雅士さん

写真で板橋のイメージを変えていくことが出来ると思うんです。
街の写真屋さんをやりながら、写真クラブを主宰している水出さんに、写真の楽しさや面白さ、写真クラブ「風」の話をお伺いしました。

バー
小林義隆さん スペース
小林義隆さん

一つ一つ実現させて行きたいと思います。
機械彫刻を芸術の域まで昇華させた板橋区伝統工芸士。

バー
佐藤正さん スペース
佐藤正さん

商店街が中心となって地域が活性化されるといいですね。
会長の佐藤正さんに「いたばしii(アイアイ)プロジェクト」についてお話をお聞きしました。

バー
原田曠暉さん

原田曠暉さん

地域コミュニティの中心的な存在が商店街だと考えています。
商店街連合会会長、原田曠暉さんに商店街連合会の活動などについてお話を伺いました。

バー
新井葉子さん

新井葉子さん

地域のいろいろな施設や小さな子供たちにも、
花のすばらしさ、楽しさを伝えていきたい。
大谷口にある、フラワーアレンジメント教室“アトリエ アンフィーユ”のフラワーアートクリエイター新井葉子さんにお話を伺いました。

バー
宇田川一行さん

宇田川一行さん

板橋のいっぴんと言えば本当に美味しいものばかり揃っているよといわれたいですね。
「板橋いっぴん会」について、会がどのようにして出来たのか?いっぴん会とは何をする会のなのか?お話を伺ってきました。

バー
シミ抜きマイスター 桑原 清次さん

シミ抜きマイスター 桑原 清次さん

綺麗になった服を見て、お客さんの喜ぶ顔を見るのが最高なんです
今まであきらめていた衣類についたシミありませんか?
シミ抜きマイスター桑原さんの究極のシミ抜きと色補正。驚きの連続です。

バー
武蔵野陶芸塾主宰 高橋書クさん

武蔵野陶芸塾主宰 高橋書クさん

陶芸を一生の趣味として楽しんでもらいたい
会社を辞めて陶芸の世界に入り、陶芸教室を開いて12年。
陶芸の魅力と楽しさを、武蔵野陶芸塾主宰する橋書ク(あきら)さんにお話を伺いました。

バー
提灯師 早川俊男さん

提灯師 早川俊男さん

手書き筆文字の良さをもっと多くの方に知ってもらいたい
独特の書体で、毛筆手書き文字を提灯に書いて60年。
板橋区伝統工芸士の早川俊男さんにお話を伺ってきました。

バー
江戸筆師 佐久間末男さん

江戸筆師 佐久間末男さん

材料から吟味して仕上げまで全工程を一人で行う江戸筆作り
板橋区伝統工芸師会の江戸筆師、「鳳竹堂」の佐久間末男さんに筆作りの魅力についてお聞きしました。

バー
クラシックギター奏者 稲垣好彦さん

クラシックギター奏者 稲垣好彦さん

ORDENESギター&ウクレレ教室・サークルを主催
地元の方にギターやウクレレの楽しさ、皆で合奏することの楽しさを知ってもらいたい。
クラシックギター奏者の稲垣好彦さんにお話を伺いました。

バー
田中耕太郎・光代さん

田中耕太郎・光代さん

新鮮で安全な野菜を提供していくために
板橋区では、まだ野菜や果樹を栽培している農家が沢山あります。
安心・安全、地産・地消が提唱されています。
昨年の板橋農業祭りの品評会で、ご夫婦で「区長特別賞」「区長賞」を受賞した田中耕太郎・光代ご夫妻に、野菜作りの魅力についてお話を伺いました。
バー
江戸凧師 鈴木友一さん

江戸凧師 鈴木友一さん

いろんな楽しみや遊びがある今だからこそ、
凧揚げの楽しさを伝えたい
凧揚げの魅力は子供に戻れる楽しさ。
江戸凧を作って70年、板橋区伝統工芸士「江戸凧師」の鈴木友一さんにお話をお伺いしました。
バー
カスタムナイフメーカー 相田義人さん

カスタムナイフメーカー 相田義人さん

プロから一般のアウトドアフリークまで幅広いファンをもつ、
世界でもトップクラスのカスタムナイフメーカー
「近代ナイフの父」巨匠・ラブレス。ラブレスと同じ「リバーサイド・ウエスト」の刻印を許された正統かつ唯一の後継者。 相田義人さんにお話を伺いました。
バー
『膝楽(ひざらく)体操』インストラクター 石田ゆかりさん

『膝楽(ひざらく)体操』インストラクター 石田ゆかりさん

膝楽体操で地域に元気を広げる
高齢化が進む高島平団地で、“元気に豊かに生活してもらいたい”、そんな想いで「膝楽体操」の普及に立ち上がった、石田ゆかりさんにお話を伺ってきました。
バー
こどもとおとなをあそびでつなぐ“ただじゅん”こと 多田純也さん

こどもとおとなをあそびでつなぐ“ただじゅん”こと 多田純也さん

子供たちが生きやすい社会が
大人も生きやすい社会
保育園や児童館などで上演「だだすこだんだん」、表現あそび「ただじゅんのあそびっこ」で、体を使った表現・コミュニケーションあそびで関東を中心に活動 されている、あそびの達人“ただじゅん”こと「多田純也」さんにお話をうかがってきました。
バー
日本民謡櫓太鼓萩乃流家元 萩乃鼓道さん

日本民謡櫓太鼓萩乃流家元 萩乃鼓道さん

板橋の伝統芸能を伝える伝道師
80歳現役を目指して、太鼓をたたき続ける
郷土芸能伝承館を拠点として、積極的に太鼓の活動を続けられている、
日本民謡櫓太鼓 萩乃流家元「萩乃 鼓道」さんにお話をお伺いしました。
バー
『国際交流団体 ネイティブアクト』代表  八木橋 利行さん

『国際交流団体 ネイティブアクト』代表 八木橋 利行さん

国際交流の場を提供し、信念を持って日々走り続ける
板橋区を活動拠点として、スポーツ英会話・会話パートナーなど国際交流の場を提供している、『国際交流団体 ネイティブアクト』代表の八木橋利行さんにお話を伺いました。
バー
大東文化大学中国文学科 山口謡司さん

大東文化大学中国文学科 山口謡司さん

多彩な才能を発揮し続ける、大山在住の中国文献学の先生
大東文化大学の中国文献学の先生であり、
イラストレーター・書家・作家でもあり、
奥様はフランス人の山口謡司先生にお話をお伺いしました。
バー
いたばし地域情報交流センター 杉浦典和さん

いたばし地域情報交流センター 杉浦典和さん

板橋区で育ち行く、子どもに注ぐ、 どこまでも暖かいまなざし。
板橋で幼少期を迎える、子ども達が、すくすくと育って行く事を、願ってやまない2児のお父さん。
時には、物静かに。時には、情熱的に。その姿勢は、いつでも真剣です。
今回は、杉浦さんに、子どもとお母さんが、お外で触れ合う絶好の場所、「公園」について、たっぷりとお話を伺って参りました。
バー
東京友禅職人 寺澤森秋さん

東京友禅職人 寺澤森秋さん

独創的な感性、卓越した技術。
最高峰の着物の染色職人さん。
板橋の日大病院の手前に、寺澤さんの工房があります。
その独創性溢れるデザインと、それを表現し尽す、類稀なる技術。
長年のキャリア。現代の最高峰の、着物の染付け職人さんです。
寺澤さんの手掛ける、東京友禅について、お話を伺ってまいりました。
バー
子守唄研究室主宰 會本希世子さん

子守唄研究室主宰 會本希世子さん

子育てって、とっても大変な事。
そんな時に子守唄を・・・
子守唄。それは、かつての日本で幼い子ども達が、奉公先の子どもをあやしながら、歌っていた歌。
板橋で、子守唄を研究し続ける、會本さんに、子守唄の魅力、奥深さを、たっぷりと伺ってまいりました。
バー
太極拳 師範 藤代裕雄さん

太極拳 師範 藤代裕雄さん

長年の鍛錬で培われた精神。
愛情に溢れる太極拳の師範。
まだ、中国拳法が日本に普及される以前から、
様々な中国拳法に親しまれ、中でも、太極拳の道を歩み続けた方がいます。
現在、板橋をホームタウンに、積極的に活動をされている、
太極拳師範の、藤代裕雄さんにお話を伺ってまいりました。
バー
シャンソン歌手 K淳子さん

シャンソン歌手 K 淳子さん
紡ぎ出される、情熱と哀愁。
板橋に拠点を置くシャンソン歌手
長年板橋に拠点を構え、都内を中心に、
幅広く活躍されているシャンソン歌手の方がおります。
近年では、シャンソンと言う枠組みに捉われず、
幅広い活動されている、K淳子さんにお話を伺いました。

バー
説経浄瑠璃師 若松若太夫さん

説経浄瑠璃師 三代目若松若太夫さん
物静かな普段とは裏腹な熱い
舞台姿。伝統芸能の継承者。
板橋区に、無形文化財として認定されている、芸能がある事をご存知でしょうか? 説経浄瑠璃と言う、仏教の挿話などを、三味線と共に語る、芸能があるんです。
その、古くから伝わる説経浄瑠璃の伝承者の、三代目 若松若太夫さんにお会いし、 インタビューをしてまいりました。

バー
いたばし自然保護観察会 代表 香取孝作さん

いたばし自然保護観察会 代表香取孝作さん
板橋の自然保護の重鎮
推移する歴史が、活動歴を物語る。
まだ、自然保護がそれほど叫ばれていない時代から、
活動を重ねてきた、板橋最古の活動団体が現役であります。
代表の香取さんは、御年79歳。
大事に積み重ねてきた歴史を感じる、お話を伺ってまいりました。

バー
サックス奏者 加藤朝雄さん

サックス奏者 加藤朝雄さん
サックスの音色が語る。
日本屈指のサックスプレーヤー
太平洋戦争が終わり、日本にジャズが入って来た。
チャーリー・パーカーの録音に触れて、ジャズに目覚めた人がいます。
日大病院の前に住み続け、60数年。サックスをひたすら吹き、46年。
日本のジャズ創成期から吹き続ける、ジャパニーズジャズジャイアント。

バー
十世 三宅藤九郎さん 和泉流 狂言師 十世 三宅 藤九郎さん

狂言という伝統芸能の喜劇に
挑み続ける女性狂言師
狂言の和泉流のご家族は、板橋にお住まいである事を、
ご存知でした?ときわ台に、30年以上、住んでいるそうです。
和泉家の、次女で、女性狂言師でもある、
十世三宅藤九郎さんから、お話をお伺いして来ました。

バー
ドリームウイングス 石福茉里さん ドリームウイングス 石福茉里さん

女子野球の強豪チーム
エースは中学3年生!
板橋を本拠地にして、
毎週末、荒川の河川敷で練習をしている、
女子野球の強豪チームがあります。
エースで投手の石福茉里さんにお話をお伺いしました。

バー
ピアニスト 佐野優子さん ピアニスト 佐野優子さん

瑞々しい感性
そしてナチュラルな音色。
今、板橋区出身のピアニストが、
うぶごえをあげ始めたのを、ご存知でしょうか?
名前は、佐野優子さん。高校2年生です。
元気はつらつとした、彼女に、お話を伺って来ました。

バー
武田仁さん 武田仁さん

みずみずしく青々とした豆腐。
障害を持った子ども達の情熱。
「とうふ工房・大谷口の家」をご存知でしょうか?
障害を持った方が、生まれ育った板橋で、とうふを作りながら、
自活出来るようになるのを目指す、作業所があるんです。
代表の武田仁(まさし)さんに、お話を伺って来ました。

バー
山崎光博さん 山芳製菓 山崎光博さん

わさビーフの誕生。
そして、お菓子への情熱。
ポテトチップスの「わさビーフ」。
誰もが、一度は、口にした事のあるお菓子です。
そんな、大ヒット商品を作り出した、
山芳製菓の代表の、山崎光博さんに、お話をお伺いしました。

バー
山野上寛さん 斉藤了さん

プリンが好きだから。舞台が好きだから。
熱くまっすぐな青年社長
舞台。特に、宝塚や劇団四季がお好きな人なら、
かなりの人が知っている、チケット取り引きサイト。
それが、オケピさんです。どんな方が運営されているのでしょう?
代表の、山野上寛(ゆたか)さんに、お話をお聞きしました。

バー
斉藤了さん 斉藤了さん

高齢者の板橋区民に慕われている、
暖かく柔和な、英会話講師。
ときわ台の集会所で、英会話教室が毎週開校されている方がいらっしゃいます。
1人の男性の講師の方が、年配の区民の方達に、生きた実践で使える英語を熱心に指導されているんです。
講師の斉藤了(さとる)さんにお話を伺いました。

バー
もりたまゆみさん 佐藤昌月さん
木を見れば、物が見えてくる。
板橋の最高峰の職人さん。
熊野町にある工房で、黙々と木を彫っている方がいます。
現在74歳。板橋の無形文化財にもなっている、最高峰の技を持つ木彫職人さんです。
佐藤昌月さんに、お話を伺ってまいりました。
もりたまゆみさん もりたまゆみさん
小さく暖かな保育園。
立ち上げたその意思と思い。
志村の住宅地の一角に、保育園がある事をご存知ですか?
一人の女性が起業し、一から作り上げた保育園です。
一体、どのような人が、運営しているのでしょう?
代表者のもりたまゆみさんにお話をお聞きしました。
高橋健司さん 高橋健司 さん
独創的な発明。裏打ちする技術力。
赤塚在住の職人さん。
板橋区の赤塚の一軒家のワンスペースに、その作業所はあります。
一人の職人さんが、25年近く、黙々と作業されている作業所です。
高橋健司さん。金型という、難易度の高い技術を持つ職人さんです。
スワンタッチ。うす削り。その誕生秘話を聞いてまいりました。
相澤和子 さん
引き込まれそうな独特の世界。
ほがらかなドールハウス作家さん。
「ドールハウス」というものをご存知でしょうか?
あたかもそこで生活が営まれているように家を再現していく。
その、ドールハウスの一線で活動されている、
作家の相澤和子さんに、お話を聞いてまいりました。

はづきまりや さん
演歌で「歌」で、人々を活気付ける、
生粋の板橋っ子な女性。
板橋区に、女性の演歌歌手の方が活動されている事をご存知でした?
しかも、板橋区に生まれ板橋で育ったという、根っからの板橋区民なんです。
演歌歌手のはづきまりやさんに、お話を伺ってまいりました。

秋本つばさ さん
鍛え抜かれたアクションの技。
その視野は、板橋から世界へ。
板橋区に活動の拠点を構えられている、アクション俳優の秋本さん。
大山ハッピーロードのハロープラザで教室を開かれている以外に、ミュージカル・映画・CM・モデル等、多彩な活動をされています。
今、板橋から世界を視野に入れている彼女にお話を伺ってみました。
三遊亭萬窓さん
話す事、笑わせる事の伝統芸。
落語家さんの心意気。
最近、落語人気が高まってきていますね。
板橋区には、たくさんの落語家さんがお住まいの事をご存知でしょうか?
上板橋で、落語塾の講師もやられている、
落語家の三遊亭萬窓師匠にお話をうかがいました。

和田守さん
大切なのは情熱と思いやり。
学長としてのその思い。
「研究成果を市民の方に開放するだけでなく、研究そのものを、地域に開放するべきだ」という熱い思い。
グリーンカレッジや地域デザインフォーラム(板橋区と大東文化大学の地域連携研究)に深く係わり、板橋区長期基本計画審議会の会長で、今年大東文化大学の新学長になられた、和田守先生にお話をお伺いしました。

北村二郎さん
板橋のお年寄りを楽しませる、有志達。
その思い、そして現場での活動。
「寄席演芸」聞き慣れない言葉ですよね。
人を和やかにし、楽しませ、うっとりさせる。
そんな、一芸に秀でた人達の集団が、「望」です。
彼らをリードし、サポートしで大忙しの、代表の北村二郎さんにお話しを伺いました。

長澤 素子さん 長澤素子さん
高芽生えてきた地域への意識。
NPO法人「しょうまち」で、活躍中。
板橋の中でも活気ある商店街で知られる、大山ハッピーロード商店街の中に事務所を構えるNPO法人「しょうまち」さん。
ハッピーロード商店街のホームページを運営されたり、地元大山での様々な活動を通して、地域に根ざした活動をされています。
その「しょうまち」さんで活躍されている、長澤素子さんにお話しをうかがいました。

村中義雄さん
高島平で33年。地元に根ざし、新聞を作り続ける編集長
高島平に、高島平新聞というものがあるのをご存知でしょうか?
地元・高島平の人なら、誰もが知っていて、親しんでいる新聞です。
どのような方達が作っているのでしょう?
その新聞社の編集長である、村中義雄さんにお話を伺いました。
馬渕真希さん
その演技・人柄で観衆に愛される、板橋の劇団で活躍する俳優
板橋に、劇団があるのをご存知でしょうか?
上板橋にアトリエを構え、いたばし在住の役者が多数在籍する劇団。
それが、劇団銅鑼(どら)です。
その劇団銅鑼に所属する、俳優 馬渕真希さんにお話を伺いました。
独自の美しい音色。 板橋区民に広く親しまれているピアニスト
板橋区に存在する、クラシック音楽の演奏家集団。
それが、板橋区演奏家協会です。いろいろな分野の人々で構成されている、演奏家協会の会長であり、様々なコンサートで、美しいピアノ、楽しいお話で親しまれている、神野明さんからお話をお伺いしました。
累計冊数800万部。 子ども基礎学習教材のベストセラー
赤塚7丁目にある、小さな寺子屋のような学習塾。
小さな塾ですが、ものすごいベストセラー教材を生み出した、その道の人には大きな支持を得る、とても良い教材を開発・使用している教室なんです。